2017年12月21日

トランスレーション・ジレンマ

BENIKO202.jpg

英語が苦手。
しかも致命的な程に。

今や辞書を片手に…なんて時代は遠く過ぎ去り、
とりあえずどんな英文も翻訳ソフトにかけてしまえばなんとか意訳くらいは理解できる時代。
それで大雑把に海外の方とのコミュニケーションはなんとかなるよね。
自分がどんなに拙くぎこちない英文を自動翻訳で生成しようと
相手は優しさと最大限の想像力で補って意味を理解してくれる。
多少の文法的なミスや、いわゆるデス・マス調が変だったとしても
言いたい事は汲み取ってくれる。
逆の立場で、相手が不自然な日本語でメッセージをくれたって
きっとこう言いたいんだね?とこちらも補正解釈してあげられるように。
だから大概は自動翻訳に頼れば、会話くらいはそれとなく出来るわけです。
そう“会話”ならね。

そんな風に感じていた最近、自分が作ったとあるフィギュア…。
ここのところSNSでの海外のフォロワーさんも少し増えた事もあって
画像の中に、このフィギュアの設定というかコンセプトを英語で入れておけば
不自由な英語で質問に答えなくても分かり易いかもな〜なんて思ったのだけど
いざ考えてみた僅か数行の簡単な設定文を英訳しようとすると、
僕の致命的なレベルの英語力では、正誤がよくわからない…。
自動翻訳にかけてみても、それが海外の方に正しく伝わるのかもわからない…。
周りに英語が得意な人も(知る限り)見当たらない。
さっきの自動翻訳生成英文でも、意味はきっと伝わるさ…と割り切る事も出来るのだけど
1対1の会話と違い、こういった場合は相手によって
どの程度こちらの英語力不足を汲み取ってくれるのかはマチマチになってしまう。
「きっとこう言いたいのだろう」と思ってくれない人もいるだろう。
それじゃぁ英文でコンセプトを添えた意味がないよなぁ…と悩んでしまったのでした。

結局どうしたのか?と言うと。
とりあえず自分なりに一度英文に翻訳してみて、海外の方に添削してもらったのだ。
この文章に変なところない?表現的、文法的に間違ってない?と…。
『ここはこうした方がいいよ!』『ここの一文はどういう意図で?』
といったやりとりをして、最終的に英文化した原稿を戻してもらったのでした。
え?「誰に添削してもらったのか」って?
「お前はあの御方にそんな稚拙なお願いをして、アホかーーーーーーーー!」
と怒られそうなので名前は挙げません。

某合衆国の“あの御方”です…。(汗)

GP
posted by shallow&wide at 11:59| Comment(0) | 記事

2017年12月18日

I hate political tweet

自分はSNSでの政治的ツイートが大嫌いだ。
特定の政治思想を糾弾したり、あるいは反対に過剰応援するのも大嫌いだ。
自分の中であそこを支持しようかな…とかいう程度の多少のさじ加減はあるけども
それに限らず右であろうが左であろうが、自らの支持思想と異なる相手を
糾弾し、あげあしを取って笑うような行為が大嫌いだ。
反対思想のつぶやきをわざわざRTし、それに対して得意気にツッコミを入れているような
そんな人が大大大大大大大大大大大大大大大大嫌いだ。

いや、支持思想があること自体はいいと思う。
信条的に反目する思想があるのも、確かにそうだろうと思う。
だけど、SNS上でそれをアピール必要はあるのだろうか?
仮に自分の親友や親戚、あるいは自らの子供の友人のように面識がある人が
自分の善しとする思想とは別の想いを抱いていた人であった時に
それを指摘し、非難し、嗤い、間違っているとわざわざ得意気に指を差すのだろうか?

他者との共存社会に住む者は、わざわざそんなことはしないだろう。
相手を「そういう信条の人なのか…」と心の中で思う事はあっても
口に出して非難はしないだろうし、自分の正当性を必要以上に主張はしないだろう。
あちらはあちら、こちらはこちら、と線を引いて静観するはずだ。

特定の政治思想を支持するなら、黙ってそれを支持すればいい。
選挙に行って黙って投票しておけばいいのだ。
わざわざ反対の思想を持つ人を、ことさら否定し、嗤い、
相手をなじることでしか自分の思想の正当性を証明できないのなら
はっきり言って支持している本人のレベル自体が知れているというものだ。

黙って支持思想を応援し、他者を非難するべからず。と思う。

あとね。
もしあなたの主張する思想が、あなたの両親とまったく同じなら
まずは自分を疑った方がいい。
何の根拠もなく、ただ自分が育った環境から
その思想をそのまま受け継いだだけの可能性があるから。
必ずしも絶対ではないけれど、あなたの思想が両親と異なっていたとしたら
少なくとも人の受け売りではなく、自分で見つけた信念なのは確かだよ。
最終的に正しいかどうかは別としてね。

自分はSNSをそういった公の場だと思っているので
わざわざこんな事すらイチイチ公言しないし
当たり前だが僕個人の主義であるこんな考えを
相手にわざわざ告げるつもりすらない。

3年ぶり近い投稿再開で、日頃SNSでは黙っている不満を
思いっきりぶちまけて少しスッキリしたわー。

ポリティカルツイート、FUCKだぜ!

GP
posted by shallow&wide at 21:26| Comment(0) | 記事