2017年12月21日

トランスレーション・ジレンマ

BENIKO202.jpg

英語が苦手。
しかも致命的な程に。

今や辞書を片手に…なんて時代は遠く過ぎ去り、
とりあえずどんな英文も翻訳ソフトにかけてしまえばなんとか意訳くらいは理解できる時代。
それで大雑把に海外の方とのコミュニケーションはなんとかなるよね。
自分がどんなに拙くぎこちない英文を自動翻訳で生成しようと
相手は優しさと最大限の想像力で補って意味を理解してくれる。
多少の文法的なミスや、いわゆるデス・マス調が変だったとしても
言いたい事は汲み取ってくれる。
逆の立場で、相手が不自然な日本語でメッセージをくれたって
きっとこう言いたいんだね?とこちらも補正解釈してあげられるように。
だから大概は自動翻訳に頼れば、会話くらいはそれとなく出来るわけです。
そう“会話”ならね。

そんな風に感じていた最近、自分が作ったとあるフィギュア…。
ここのところSNSでの海外のフォロワーさんも少し増えた事もあって
画像の中に、このフィギュアの設定というかコンセプトを英語で入れておけば
不自由な英語で質問に答えなくても分かり易いかもな〜なんて思ったのだけど
いざ考えてみた僅か数行の簡単な設定文を英訳しようとすると、
僕の致命的なレベルの英語力では、正誤がよくわからない…。
自動翻訳にかけてみても、それが海外の方に正しく伝わるのかもわからない…。
周りに英語が得意な人も(知る限り)見当たらない。
さっきの自動翻訳生成英文でも、意味はきっと伝わるさ…と割り切る事も出来るのだけど
1対1の会話と違い、こういった場合は相手によって
どの程度こちらの英語力不足を汲み取ってくれるのかはマチマチになってしまう。
「きっとこう言いたいのだろう」と思ってくれない人もいるだろう。
それじゃぁ英文でコンセプトを添えた意味がないよなぁ…と悩んでしまったのでした。

結局どうしたのか?と言うと。
とりあえず自分なりに一度英文に翻訳してみて、海外の方に添削してもらったのだ。
この文章に変なところない?表現的、文法的に間違ってない?と…。
『ここはこうした方がいいよ!』『ここの一文はどういう意図で?』
といったやりとりをして、最終的に英文化した原稿を戻してもらったのでした。
え?「誰に添削してもらったのか」って?
「お前はあの御方にそんな稚拙なお願いをして、アホかーーーーーーーー!」
と怒られそうなので名前は挙げません。

某合衆国の“あの御方”です…。(汗)

GP
posted by shallow&wide at 11:59| Comment(0) | 記事

2017年12月18日

I hate political tweet

自分はSNSでの政治的ツイートが大嫌いだ。
特定の政治思想を糾弾したり、あるいは反対に過剰応援するのも大嫌いだ。
自分の中であそこを支持しようかな…とかいう程度の多少のさじ加減はあるけども
それに限らず右であろうが左であろうが、自らの支持思想と異なる相手を
糾弾し、あげあしを取って笑うような行為が大嫌いだ。
反対思想のつぶやきをわざわざRTし、それに対して得意気にツッコミを入れているような
そんな人が大大大大大大大大大大大大大大大大嫌いだ。

いや、支持思想があること自体はいいと思う。
信条的に反目する思想があるのも、確かにそうだろうと思う。
だけど、SNS上でそれをアピール必要はあるのだろうか?
仮に自分の親友や親戚、あるいは自らの子供の友人のように面識がある人が
自分の善しとする思想とは別の想いを抱いていた人であった時に
それを指摘し、非難し、嗤い、間違っているとわざわざ得意気に指を差すのだろうか?

他者との共存社会に住む者は、わざわざそんなことはしないだろう。
相手を「そういう信条の人なのか…」と心の中で思う事はあっても
口に出して非難はしないだろうし、自分の正当性を必要以上に主張はしないだろう。
あちらはあちら、こちらはこちら、と線を引いて静観するはずだ。

特定の政治思想を支持するなら、黙ってそれを支持すればいい。
選挙に行って黙って投票しておけばいいのだ。
わざわざ反対の思想を持つ人を、ことさら否定し、嗤い、
相手をなじることでしか自分の思想の正当性を証明できないのなら
はっきり言って支持している本人のレベル自体が知れているというものだ。

黙って支持思想を応援し、他者を非難するべからず。と思う。

あとね。
もしあなたの主張する思想が、あなたの両親とまったく同じなら
まずは自分を疑った方がいい。
何の根拠もなく、ただ自分が育った環境から
その思想をそのまま受け継いだだけの可能性があるから。
必ずしも絶対ではないけれど、あなたの思想が両親と異なっていたとしたら
少なくとも人の受け売りではなく、自分で見つけた信念なのは確かだよ。
最終的に正しいかどうかは別としてね。

自分はSNSをそういった公の場だと思っているので
わざわざこんな事すらイチイチ公言しないし
当たり前だが僕個人の主義であるこんな考えを
相手にわざわざ告げるつもりすらない。

3年ぶり近い投稿再開で、日頃SNSでは黙っている不満を
思いっきりぶちまけて少しスッキリしたわー。

ポリティカルツイート、FUCKだぜ!

GP
posted by shallow&wide at 21:26| Comment(0) | 記事

2015年02月20日

ソフトのチカラ

IMG_5834.JPG

初代PSPが捨てられない。
そもそもPS1もセガサターンも
PS2もドリキャスも、まだ捨てずに持っているのだから
PSPだって捨てる必要はないのだが
派生機や後継機であるところの
PSPgoだって持ってるし、PS Vitaもある。
だからその存在価値はかなり低い…はずなのだが
これがどうしても手放せない理由がある。
戦場の絆ポータブル、こいつのせいだ。
戦場の絆Pはダウンロード版がリリースされていないため
ダウンロード版しかPSPソフトが遊べないPSPgoやPS Vitaではプレイ出来ない。
初代とは言わないまでも、
UMDが走るPSPじゃないと遊べないのだ!(※合法的に)
たった1本のソフトのために手放せないハード。
これはなかなか因果な存在である。
でも、それってある意味で正しいのかもしれない。
ゲーム機はいつだって、最初はどうしても遊びたい
たった1本のソフトのために買うんだよね。

それがないから、いまだ買ってないハードもあるんだよね。

GP
posted by shallow&wide at 18:35| Comment(0) | 記事

2015年02月13日

WFとWeGoと僕ら

IMG_5679.JPG

IMG_5680.JPG

01.JPG

しめさばさんも書いていたように
先日の“ワンダーフェスティバル2015冬”にて
我々がTwitter上で楽しんで撮影していたWeGo写真を
その生みの親であるモデリズム小林和史さんと、
商品発売元の株式会社 千値練さんによりお声掛けいただき
ショーブース上でパネル展示していただくという
とってもとっても光栄な機会をいただきました。
(WF閉幕後はご丁寧に小林さんのサインを入れていただきパネルをプレゼントしていただきました!)
会場で催された「みんなのメカトロウィーゴ2」という作品展示にも
恥ずかしながら我が駄作にて参加させていただきました。(笑)
消費者として楽しむという当たり前の行為が、別な誰かの興味につながり、
少しづつ少しづつ遊びのコミュニティとして相互作用していく様子は
好きなものが世界にゆっくりゆっくり波紋のように伝播していく、
しかも多発的にたくさんの波紋が発生し
自分もその波に穏やかに身を任せていくような
そんな不思議な心地よさがあるなぁと実感していました。
新商品も沢山、企画もたくさん!
まだまだWeGoの世界は広がっていくようです。
「楽しいなぁ!」
そんな気持ちがみんなの中にぐぃぐぃと込み上げてくる
不思議な魅力に溢れるWeGoは、
もう僕らの日常に、溶け込みはじめているのかもしれません。

GP

モデリズム●http://moderhythm.blog26.fc2.com/
千値練“メカトロウィーゴ特設サイト”●http://www.sen-ti-nel.co.jp/35wego/
posted by shallow&wide at 17:20| Comment(0) | 記事

2015年02月08日

Wonder Festival


ワンフェス満喫してきました〜!
今回は、なっなんとTwitterで勝手に紹介していたウィーゴ写真が
千値練さんのブースにパネルで飾られました〜!!
ほかにも沢山の方の写真が展示されるかと思いきや…
4名!そこにビックリ。
いや〜GPさんとしつこくやってて良かった〜w
もちろんGPさんの写真もバッチリありましたよー。

しめさば
posted by shallow&wide at 21:34| Comment(0) | 記事

2015年01月18日

ゆきてかえりし物語

IMG_4964.JPG

the HOBBIT : the Battle of the Five Armies
公開が終わってしまいそうだったので
我が身の諸般の状況を無視して強引に観てきた。
中つ国とも、いよいよこれで本当のお別れ。
PJによって2部作から3分作へと強引に盛られたボリュームは
どんな空腹も悲鳴に変えるほどの特盛感で
観る人をちゃんと満足させてくれたと思う。
マーティン・フリーマンが持つコミカルさは
ドワーフ達の性格ともよく馴染み
LotRにはない軽妙なテンポを見せてくれた。
だけど裏腹に、危機感や焦燥感、切なさといった情緒は
フロド達の冒険には遠く及ばない。
もちろんフロド達のほうが何倍も絶望的な旅をしたのだから
それで良いのだろう。
むしろ、the HOBBITの真骨頂はLotRとは異なる冒険を描く事であり
それは完璧に達成されたと思えた。
それくらいLotRはあまりに重く辛い旅だった。

人生が旅であるのなら、本作のような旅をしたい。

GP
posted by shallow&wide at 15:00| Comment(0) | 記事

2015年01月04日

New

IMG_4681.JPG

今更ながら、
新年あけましたのでおめでとうございました。
年末年始は個人的に繁忙期マックスのため
いつも精神的にあまり安定しないのだけど
緊張感の最中に強引に連休に突入すると
メンタルが滅茶苦茶になります。w
そんな時は静かにするのが一番。
また直ぐに忙殺ライフが始まるけれど
終わらない今日はないのだ。

これ、新年に言うべき言葉かなぁ…

GP
posted by shallow&wide at 13:35| Comment(0) | 記事

2014年12月19日

SF妄想


インターステラー観てから数日経ってふと気付いた事です。

SFモノによく出る一瞬で何年も眠り続ける『冬眠カプセル』の事なんだけど、
ここ最近の寒さから逃れるには、
あのカプセルで冬眠できたらいいなーって思い
(南半球へ行けばいいんだけど、そこは妄想って事で…)
そこからバカな事をアレコレ考えてて
この不景気に冬眠して景気回復したら起きるってのもイケる!
って考えてたんだけど、
様子を見るために冬眠から起きてみたら、
他のみんなも冬眠してたっていうオチの妄想をしてましたゴメンナサイ。

しめさば
posted by shallow&wide at 22:49| Comment(0) | 記事

2014年12月08日

ブラック派


以前コーヒーミルでゴリゴリやり始めてからというもの
すっかり挽きたてのコーヒーにハマり、
お店で豆を見つけては、ちょくちょく買うようになりました〜。
今では朝用、食後用、休憩用などと楽しんでます♪
気分転換にオススメですよ〜。

まぁ忙しい時はインスタントだけどねーw

しめさば
posted by shallow&wide at 19:35| Comment(0) | 記事

2014年11月28日

消耗品三度

IMG_3601.JPG

エクスペンダブルズ3
そもそもこのシリーズにマンネリだなんだと
難癖をつけるのはおかしい。
それはナポリタンにケチャップの色してるじゃないか!と
それこそケチャップのように真っ赤な憤怒の形相で
詰め寄るがごとき見当違い。
ピザにチーズのトッピングが当たり前のように
彼らにはこれが当たり前だ。
そして僕らはそれを食べて大きくなったんだ。
鮭だって産まれた川に帰ってくるだろ?
だから僕らは観るんだよ。
メルが物足りないとか、ハリソンに再びソロができるのか?とか
リーが気持ち悪いとか言ってる場合じゃない。
いいかい?最後に一番大事な事をいうよ。

3はバンデラスのおかげだ!www

GP
posted by shallow&wide at 23:20| Comment(0) | 記事